とある科学の超電磁砲T

アニメ・とある科学の超電磁砲T 2話の感想/ネタバレと無料視聴

2020年1月17日 22時よりAT-X、 TOKYO MXほかでアニメ『とある科学の超電磁砲T』の第2話が放送されます。

ここではさっそく、視聴者の方の感想や考察、一部ネタバレ情報などをまとめていきます。

放送地域ではない方や、リアルタイムに視聴できない方などは、
とある科学の超電磁砲Tの第1話~最新話まで今ならフル無料視聴することができますよ♪

↓↓↓
≫アニメ・とある科学の超電磁砲Tを無料視聴する方法


とある科学の超電磁砲Tの第2話の見逃し配信や無料視聴/レビュー/ネタバレ/考察の番組内容とキャスト


番組内容


とある科学の超電磁砲T,第2話,無料視聴,見逃し配信

出典:https://toaru-project.com/railgun_t

総人口230万人を数える、東京西部に広がる巨大な都市。 その人口の約八割を学生が占めることから、「学園都市」と呼ばれているその都市では、世界の法則を捻じ曲げて超常現象を起こす力――超能力の開発が行われていた。
特殊なカリキュラムを受け、能力を得た学生たちは、定期的な『身体検査(システムスキャン)』によって、『無能力(レベル0)』から『超能力(レベル5)』の6段階に評価されている。

その頂点に立ち、最強と謳われるのが、7人の『超能力者』たちである。
そのひとり、御坂美琴。
電気を自在に操る『電撃使い(エレクトロマスター)』最上位の能力者にして、『超電磁砲(レールガン)』の異名を持つ彼女は、名門お嬢さま学校・常盤台中学に通う14歳の女子中学生。
後輩で『風紀委員(ジャッジメント)』の白井黒子。
その同僚でお嬢様に憧れる初春飾利と、都市伝説好きな彼女の友人、佐天涙子。
そんな仲間たちとの、平和で平凡で、ちょっぴり変わった学園都市的日常生活に、年に一度の一大イベントが迫っていた。
『大覇星祭』。 7日間にわたって開催され、能力者たちが学校単位で激戦を繰り広げる巨大な体育祭。
期間中は学園都市の一部が一般に開放され、全世界に向けてその様子が中継されるにぎやかなイベントを前に、誰もが気分を高揚させていた。その華やかな舞台の裏側で蠢くものには、まったく気づくこともなく――。


タイトル:とある科学の超電磁砲T
原作:鎌池和馬+冬川基
キャラクター原案:はいむらきよたか
監督:長井龍雪
シリーズ構成:ヤスカワショウゴ
OP主題歌:fripSide
EDテーマ:岸田教団&THE明星ロケッツ
アニメーション制作:J.C.STAFF



キャスト





とある科学の超電磁砲Tの第2話の見逃し配信や無料視聴/レビュー/ネタバレ/考察のあらすじ


ここではとある科学の超電磁砲Tの第2話のあらすじをご紹介します。


第2話タイトル:大覇星祭





無事(?)開会式を終え、ついに始まった『大覇星祭』。またしても佐天はとある都市伝説――『不在金属(シャドウメタル)』の話を聞きつけてきて、黒子に大目玉を食らっていた。一方、美琴は本来なら黒子と一緒に出場するはずだったペア競技に、黒子本人の計らいによって婚后との風神・雷神コンビで出場することに。最初の競技となる二人三脚では、対戦校から激しくマークされながらも、能力の使い方に一日の長を見せつけて、さっそく大活躍する。そんな能力者同士が繰り広げる競技を学園都市内外の観客が楽しんでいる中、裏側でなにかを企むものの姿があった――。


出典:https://toaru-project.com/railgun_t




スポンサーリンク

とある科学の超電磁砲Tのファンの声


ここではとある科学の超電磁砲Tのファンの声をお届けします。
最新情報から放送を見た感想まで色々とまとめていますのでご参考ください。








スポンサーリンク

とある科学の超電磁砲Tの第2話の見逃し配信や無料視聴/レビュー/ネタバレ/考察のレビュー


ここではとある科学の超電磁砲Tの第2話のネタバレ・感想レビューをお届けします。
ネタバレが気になる方はお気を付けください。

第2話ネタバレ感想【画像あり】









まとめ


今回は「とある科学の超電磁砲T第2話の見逃し配信や無料視聴は?」と題しまして、番組内容と放送日程、そしてとある科学の超電磁砲Tの第2話のあらすじと考察、ネタバレ、感想レビューをお届けしました。

第一話から見返したい方、今回の話を見逃した方、
もう一度、第2話を見たい方は、下記の方法で見逃し配信を見れますのでオススメです。

↓↓
≫アニメ・とある科学の超電磁砲Tを無料視聴する方法

スポンサードリンク